2010年10月30日

幸せな結末 

捨て猫の記事を前回・前々回と書きましたが、
なんと!


新しい飼い主さんが
見つかったのです!



suteneko8.jpg
可愛い子猫ちゃんです。


足に怪我があり、引き受けて直ぐに
レントゲンを撮って、手術は免れない仔でした。
正直、こんな条件が悪ければ、引き取り手はないと
思いました。
愛護センターに送っても治療もせず
淘汰されてしまうかもしれない可能性の方が
高かったのです。それが…


見つかったよぉもうやだ〜(悲しい顔)


毎度お馴染み、トリマーのTさんに助けを求め、
その後、そこから私の元仕事仲間のNちゃん
(私とTさんとNは元仕事仲間)に話が行き…
最終的にはNちゃんの友達の従姉妹の所に
落ち着きました。


この方は猫ちゃんを元々飼ってる方で、
Nちゃんの友達も離乳前の子猫を育てた事のある
経験者だそうで、私としても安心ですわーい(嬉しい顔)

ウチの掛かりつけの獣医さんの話では
離乳したての30日くらいの仔だろうと言う話でしたが
新しい飼い主さんは、それにしては
小さいと驚いていたそうです。


当日はNちゃんの仕事が夜遅くに終わり、
その足で、我が家に引き取りに来、その日のうちに
我が家から1時間以上掛かる新しい飼い主さんの
おウチに行きました。ホント、頭が下がりますあせあせ(飛び散る汗)
新しい飼い主さんのお腹の上で寝てたりしたそうです。


(あの仔)幸せになるよ


と言っていました。今後も成長を写メで
送ってくれるそうです。
それを本人(子猫)も伝えに来たのか、
翌朝、私と娘は確かに子猫の声を聞きました。
それも二人同時にです。
不思議な事もあるもんです。


suteneko7.jpg

本当に良かったよもうやだ〜(悲しい顔)
飼い主を探そうと頑張った子供達、
優しい新しい飼い主さんの思いを受け、
絶対に幸せになってよねexclamation×2


ニックネーム ロビン at 23:42| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
↓の記事を読んだ時は、どうなっちゃうの?と、コメもできませんでしたが、良かったですね〜かわいい
子猫ちゃん猫(笑)これからも時々、ロビンさんのブログで会えるかな?
きっと素敵なお名前をもらって、幸せに暮らしていますね。
本当に良かったです。
ロビンさんや娘さんたちの頑張りに、拍手Clap
Posted by コタかぁちゃん at 2010年10月31日 22:10
王冠コタかぁちゃんさん
お気遣いありがとうございます。
無事に新しい飼い主さんが
見つかって、我らもホッとしましたわーい(嬉しい顔)
辛かった分、幸せに生きて欲しいと
思います。
Posted by ロビン at 2010年11月01日 11:18
Clapよかったです〜。お子さん達も喜んでいるでしょうね。お医者さんに連れて行って、お世話してあげて。なかなか出来ないコトだと思います。すごいです。新しい飼い主さんにもですが、ロビンさんに頭がさがります。

 『交番に・・・』って全然思いつきませんでした。そういう選択肢もあることを覚えておきます。ってそういう場面には遭いたくないですが。無責任な飼い主がいなくなるトコを願うばかりです。
Posted by スペシャルまま at 2010年11月05日 18:11
王冠スペシャルままさんへ
ホントに良かったですわーい(嬉しい顔)
我が家の子供達もホッとしたようでしたが
クラスメイトの方は、最後まで
関わらなかったせいか、特にそんなには
気にしていないようです。
それでも、見つかって良かったとは
言っていたそうです。

交番作戦は、獣医さんの話だと
あくまでセンターの開館時間外の場合のみ
という事ですが、地域の交番(駐在)の
おまわりさんによってだと思います。
ただ、まだ日本ではペットは
物扱いですので、遺失物だ!と主張すれば
引き取らざるを得ないと思います。
そしてそこから、センターに
送られます。(警察からセンターに
行くまでの期間もマチマチですが)
Posted by ロビン at 2010年11月05日 23:02
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/2436348
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック